住宅展示場を見に行きました

 

色々なハウスメーカーがあるので、住宅購入のきかっけになればと思い色々な住宅展示場に足を運びました。

1箇所で色々家がみられる会場もあり、イベントなどを開催している時はスタンプラリーをして商品がもらえたりするので子供連れでも楽しめました。

ただ、色々家を見過ぎてどの家がよかったのか最終的にはよくわからなくなったりしていたので、一度に色々なハウスメーカーをみるのは疲れるなぁと思いました。

そのうち、一つののハウスメーカーで開催しているオープンハウスにいって、その中でも何件か家があってみてまわれるというものに行ってみると、そのハウスメーカーの特徴がわかったのでよかったです。

そこでも行っただけでなにかプレゼントがもらえたりして、行くだけで楽しいなぁと思いました。

それに、その担当者の人の説明がわかりやすかったので、色々なハウスメーカーが集合している住宅展示場よりは私はその会社について理解が出来たので良かったです。

正直、新築の家はどこの家もいいなぁと思うことが多く、どのハウスメーカーがお気に入りとかそういうことはわからなかったのですが、やっぱり対応してくれるスタッフさんの対応がよかったところが安心して家を見て回ることが出来たしいい印象で帰ることが出来ました。

キッチンだったり壁紙だったり、家によって特徴があって、特にモデルハウスはいいものを使っていることが多いのでどの家もいいものばかりでした。

その後も、広告や新聞でみつけた住宅展示場にいってみたりして情報を仕入れています。

その他にも、オープンハウスの旗が立っているところにも行くようにしていますが、簡単なアンケートを書いて新しい家をみるのはすごく参考になります。

実際に建てた人の家なので、自分も家を建てるときに参考になるとと思うのは、モデルハウスよりオープンハウスなのかもしれません。

友達にも家を建てた人がいますが、モデルハウスが気に入って自分の家を建てるときもモデルハウスと同じようにしたと話していて、きっとすごくお金をかけて建てたと思われますが・・・なかなかそこまでお金をかけられないので、やっぱりオープンハウスをみて参考にするのが一番だと思いました。

がらりと話は変わるのですが、マイホームを手に入れる方法は色々あるのだなと、家探しをしてみてはじめて気付いたような気がします。

今回お話したように住宅展示場をめぐるのも一つの方法ですし、不動産会社にいってみるのもあるし、インタネットで探す方法もあります。

そしてちょっと気になるのが、競売によってマイホームを手に入れる方法です。

競売と聞くとグレーなイメージを持っていたのですが、実際は必ずしも難しいものではないようです。

またなんといっても魅力を感じるのが、価格です。市場価格よりも安く買えるのですが、中には半額以下で購入できる物件もあるようです。

当然安いには安いなりの理由はあるようですが・・・。

そこで最近時間があると競売物件のチェックをしているのが、

こんなに安いのがあるのか・・・とか、

こんなに新しい物件があるのか・・・とか、

結構な頻度で驚かされることがあったりします。

もう競売に興味ある方は、不動産競売のサイトで物件をチェックすると面白いのでおすすめですよ。

ちなみには私は札幌なのですのが、驚くような価格で落札されている物件もあります。