中古住宅をリフォーム

中古住宅をリフォームして住み始め、一年半が経ちました。
購入してからいま実際に住んでみての感想などを書いてみたいと思います。

私と夫(二人暮らし)の家を選ぶポイントは
・夫婦ともにフリーランサーでローン審査に通らないので、キャッシュ購入できるくらい安いこと
・静かなこと
でした。
不動産会社を何件か回って、そこそこ田舎の築六十年の平屋一戸建てに決めました。
六畳和室が三部屋、四畳半のダイニングキッチン、南側に広縁もあり、二百万円弱でした!
築年数が経っていることと、家まで石段を数十段上がらなければいけないことで、このお値段でした。

古い家ですが、
・柱に酷い歪みがなかったこと(ふすまを閉めると1cm弱の隙間は出来ます。私たちには許容範囲内でした)
・雨漏りの痕がなかったこと
・床下が腐っていなかったこと(多少湿り気はありました)
・押し入れが各部屋にあったこと
・景色が良かったこと
・近隣の方々の感じが良かったこと(穏やかなご年配の方が多いです)
が、購入の決め手です。

そこから地元の工務店にリフォームを依頼しました。
・水回りをフルリフォーム
・床下の通気口の増設。シロアリ駆除
・和室一間をフローリングに
・外壁の張替え
・電源工事
大きいところだとこのくらいでしょうか…。
細かく言うと、壁紙の張替え、ふすまの張替えなどなど。
七百万円ほどかかりました。石段があるため割増料金になってしまったことが痛かったです。

実際に住んでみて良かった点は、やはり静かなことです!
鳥や虫の鳴き声が聞こえますし、人の気配はほとんど感じません。
夫婦二人暮らしには丁度良い広さで、掃除も楽です。
十五分ほど歩けばそこそこ大きい駅に出られるのも便利です。

少し失敗したなという点は、隙間があるために、冬は隙間風。夏は虫が入ってくることです。
虫は、一ヶ月に一度、忌避剤などを撒くことで対処できています。
寒いのはもうどうしようもないですね…。古い日本家屋は寒いです。

デメリットはありますが、総じて買ってよかったと思っています!
何と言っても家賃もローンもない生活なので、そのぶん貯金出来てますから♪