同棲のための部屋探し

事故車買取

付き合っている彼と正式に同棲するために、不動産屋へ行きました。
私たちの条件としては
・交通の便が良いところ
・収納が多い
・バストイレ別
・2人でも狭すぎない程度の広さ
最低この条件が満たされていれば、多少築年数が経っていても入居するつもりでした。

実際アドバイザーさんに紹介してもらったお部屋は、条件が良ければ家賃上限オーバー…。
安い!と思って行ってみると、いかにも古い!手入れされていない!という物件ばかり。

仕事の休みを合わせて内見に行かなければならないので、どこかで妥協しなければいけないなぁと思っていました。
内見に行けない日は自力でインターネット上を探し続け、ブックマークしていました。
そのブックマークをアドバイザーさんに見せ、空き状態を確認してもらうと8割が”入居済み”でした。
家主さんからもアドバイザーさんからも「これはいつの情報?」と笑われたことを覚えています。

1日に4軒程度内見し、この部屋良いなぁと思っても”単身者のみ”や”二人入居不可”の物件が多かったです。
色々調べてみると結婚をしていない場合は万が一別れたときに家賃がどうなるのか、という家主さんの心配があるようです。
婚約中です!と主張してみても、NGを連発されました。
結局悩みに悩んで決めた部屋は、提示されていた家賃より+2000円になりました。
前の入居者さんも2人住まいだったらしく、退去のときに相当劣化していたことがあったそうで、劣化が進みやすいから家賃上乗せという言い分でした。
こちらが渋ると、礼金ナシ・敷金2か月分(本来3ヶ月)で良いと言って下さったので入居しました。

結果的にはこの部屋に決めて正解だと思いますが、同じビルの住人の家族状況なども把握しておけばよかったと後悔しています。
子供が泣き叫んだり、夜でも走り回っているので次に部屋を探すときはとにかく質問してみようと心に近いました。