初めて不動産屋というものに行ってみた

この度結婚のため、初めて実家を出ることになりました。

20代も後半になり、人よりかなり遅い独り立ち・・・。
勿論不動産屋に行くのも初めてです。

当初はSUMOなどのネット不動産閲覧サイトで、希望条件を入力して延々物件をお気に入りしていくだけの簡単なお仕事でした。

ところがこのサイト巡り、気になる物件があっても写真の掲載量が極端に少なかったり、サイトによって部屋の広さの表示方法が違ったりと、なかなか素人判断のできかねるものが多数あるんですね。

てことで、餅は餅屋、彼の友人が勤めている某大手不動産屋のお世話になることに。
最初に彼の友人経由で希望条件を伝えていた為、約束の時間に店舗に伺ったところ、候補の賃貸物件が何と10件以上!
家賃は家計の中でも最も幅を取る出費・・・なので、かなーりシビアな予算設定だったにも関わらず、です。
ネットには掲載されていない物件も多数あり、担当者の方はどんな質問にも分かりやすく丁寧に答えてくださいます。
お風呂は広い方が~とか、交通の便が~とか、追加条件でさくさく搾り込んで4件に。
そのまますぐに内見へGO!です。通信制高校の授業

軽く道順の説明を受けながら、担当者さんが車で各物件へ連れて行ってくれます。
これが思いのほか楽しい!
物件によっては改装中の場所もありましたが、実際に部屋に入って、生活をあれこれ想像しながら見て回るのは、パソコンの画面上ではできませんからね(笑)
中には軽く家具の設置がしてあり、モデルルームのようになっている物件もありました。
大家さんも色々工夫してらっしゃるわけですね~。
ここでもトントン拍子に話が進み、その日回った物件から即決確定となりました。
この、即対応即契約というのは、不動産屋さんにとっても借主にとってもありがたいことですよね。
今後新生活の予定のある方にお勧めしたいのは、まずはネットで物件をいくつか検索して、希望するもののイメージをなんとなく作っておくこと。
また、希望事項の優先順位もぼんやりつけておくといいかもしれません。
それと一番大事なことは、質問事項は不動産屋さんにバンバン聞くことですね。
彼らはプロなので、何でも答えてくれますから。
というわけで、わたしの初めての不動産屋利用は、つつがなく終了したのでした。