家賃と同じ支払い、とは言うけれど

子どもが産まれてマイホーム購入を検討し始めた当初は、どのくらいの金額の家が購入できるかなど検討もつかなかったし、今の貯蓄からどの程度を頭金に回してもいいのかなども予想もつかなかった。

そんな時、ふらりと行った新築マンションのモデルルームで「今の家賃はおいくらですか?」「ボーナスからはいくら出せそうですか?」など簡単な質問をされ、答えると「物件で言えば、2,800万のお部屋でしたら購入可能ですよ」「マンションだと、ここに管理費や修繕費が必要になるので、お部屋の価格はこれくらいです」「頭金は考えていないので、出すならば、もっと高いお部屋も可能ですよ」なんて返事でした。

またある時はハウジングセンターにて話を聞いたハウスメーカーさんも同じような質問をし、「物件価格で言えば、土地込で3,200万ぐらいでしたらお探しできますよ」「頭金に1,000万出せば、4,200万の物件だって夢じゃないですよ」なんて返事が返ってきた。

「そうなんだ、何とかなるかも」と安易に私は考えて、思わず、土地と注文住宅を検討してみよう、と思ってしまった私でしたが、それは大きな間違いでした。

確かに今の家賃と同じならば、月々のローンは返していけるような気がします。でも、持ち家には賃貸には発生しない「固定資産税」の支払いがあります。それを1年に1度はあることを忘れてはいけません。

一戸建て住宅ならば、修繕費も自分達持ちです。賃貸のように管理会社に報告、では直りません。

また、購入するとなったら、ローン以外にも最初に手数料やら保険やら印紙代やらと諸費用が必要になります。引越するにもお金がかかりますし、引越してからもしばらくは何かと物入りです。

よく、住宅購入の際に「今、お支払いの家賃と同じ価格で月々のローンの支払いができる物件です」なんてあるけれど、それはやっぱり一概に正しいとは言えないと、実感した住宅購入でした。